当院の特徴

口腔内3Dスキャナー(プライムスキャン)

短時間スキャンで嘔吐反応などの負担を緩和

口腔内3Dスキャナー (プライムスキャン)

従来の印象材を用いた歯型作製が不要になるため、短時間かつ嘔吐反応も起こりにくいなど、患者さまへの負担を緩和します。さらに、より深い領域(最大20mm)までスキャンできるため、歯肉辺縁などの特に深い部分に及ぶ症状にも対応できます。

スキャンの精度はスイスのチューリッヒ大学で行われた試験でも実証されており、これまで印象採得の方法でしか治療が行えなかった症状にも、デジタル対応による治療の可能性を与えてくれます。

デジタルテクノロジーが搭載された歯科用CAD/CAMシステム「CEREC Primescan(セレック プライムスキャン)」はセレックシステムの上位モデルです。小型の3D光学カメラでお口の中をスキャンするだけで簡単に印象採得が可能なため、患者さまへの負担を大幅に緩和することができます。型取りの際に使用していたドロッとした印象材が苦手という方におすすめの機器です。

高精度・スピーディーな3Dデータ作製による正確な型の実現

従来モデルよりも高解像度化されたセンターが搭載されているため、より高精度かつスピーディーに3Dデータを作製することが可能です。印象材を用いて作る型は、固まる時にどうしても多少の誤差が生じてしまうデメリットがありました。

しかし、セレックプライムスキャンの型取りなら、デジタルデータ化したものをそのままセラミックのブロック等から削り出して作製することができるため、誤差が生じにくく、正確に型を作製することができます。

歯科用CT

最新の歯科用CTを導入

歯科用CT

当院では、シロナ社製の「オーソフォスSL3D」というドイツの世界的歯科機器メーカーの歯科用CTを導入しております。

この機器を導入することにより、インプラント埋入時に必要な顎骨の状態、神経や血管などの診断、歯周病による骨の状態、歯根の治療、親知らずの抜歯などの際に立体的な診断が可能となり、より正確で安全な治療を行うことができます。

被曝線量は最低クラス

CT撮影時の被曝量は、医科用頭部CTの約30分の1と最低クラスに抑えられているため、安心・安全にご利用いただけます。

優れたシミュレーションソフト

インプラント手術のシミュレーションが非常に優れており、手術前の診断はもちろん、安心かつ安全にインプラント手術を行うことができます。

口腔内カメラを兼ね備えたマイクロスコープ

当院では、口腔内カメラと顕微鏡を兼ね備えたマイクロスコープ「ネクストビジョン」を導入しております。

ネクストビジョンにより、拡大した治療箇所をモニターで確認しながら診療を行うことが可能になります。

ネクストビジョンの特徴

拡大撮影が可能(最大80倍)

2K画質で最大30倍、4K画質で80倍にまで拡大して見ることができるため、より鮮明に根管や歯面を細部まで確認しながら治療を行うことができます。

3軸機構のマルチアングル機構

3軸機構のため、鏡筒部を治療中に自由にコントロールすることができます。

オートフォーカス機能

自動でピント調整が行われるため、治療をスムーズに行えます。

映像反転機能

写した部位を反転させて撮影することができるため、患者さまに分かりやすい画像をお見せしながら説明することができます。

拡大鏡を使った治療

歯科用拡大鏡(ルーペ)

当院では拡大鏡を使用し、肉眼では見えない部分にも精密な治療・清掃・予防をご提供しています。

拡大鏡を使用した治療は、むし歯の早期発見・早期治療にも貢献し、健康な歯を長持ちさせることができます。

丁寧なカウンセリングと分かりやすい説明

歯科医院へ行った際に、どんな治療をされるか分からないと、不安を感じる方が数多くいらっしゃると思います。当院では、現在の症状に対していきなり治療を開始することはありません。

まずは、事前診察にてじっくりとお話をお伺いします。 治療を始める前には必ず口腔内写真を撮影し、現在のお口の状況と治療内容について分かりやすく丁寧にご説明します。

また、治療後にも口腔内写真を撮影し、どのような治療を行い、どんな結果が得られたかを明確にします。過去の治療経緯をお話したり、アニメーションを使用するなどで分かりやすくご説明いたしますので、分からないことがあれば何なりとおたずねください。

キッズスペース

キッズスペース

お子さま連れの方のために、お子さまは楽しく過ごせ、保護者様には安心して治療を受けていただけるよう、キッズスペースを用意しております。

お子さまに歯医者は楽しい場所だと思ってもらうことができれば、通院を嫌がることもなくなります。

衛生管理について

世界最高基準の衛生設備

T-ONE歯科クリニックでは、一人一人の患者さまごとに使用器具やグローブを交換すると共に、徹底的に院内感染を防止するための滅菌システムを導入しております。

治療器具の滅菌・消毒サイクル

歯科医療ではお口の中に直接触れるため、唾液や血液が常に身近な存在であり、HIV(エイズウイルス)、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスなどの危険なウイルスに感染するリスクがあります。

当院では、治療で使用した器具は使用毎に必ず洗浄→消毒→滅菌を行い、無菌状態でパッキングし、密封された状態で保管することを徹底しています。

あらゆる菌を死滅させるクラスB滅菌器

歯歯科治療で使用する器具はとても複雑な構造をしており、洗浄・消毒だけでは内部に付着した汚れやウイルスを完全に取り除くことはできません。

そのため当院では、世界最高ランクのクラスB滅菌器を導入し、高圧蒸気の注入と真空状態を繰り返すことで徹底的にウイルスや菌を死滅させ、当院に関わる全ての方の安全をお守りしています。

消毒・殺菌・滅菌の違い

消毒とは
  • 害のない程度にまで病原性のある微生物を減らすこと。
殺菌とは
  • 菌を殺すことだが、完全ではない場合にも表記が可能。
滅菌とは
  • すべての微生物やウイルスを「完全に」死滅させること。

世界最高ランク「クラスB」とは

滅菌処理を行うオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)には、ヨーロッパで定められた3つのクラス(基準)があります。 中でもクラスBは世界で最も厳しく設定された基準で、医科と同水準となります。

複雑な内部構造も滅菌するハンドピース専用滅菌器

当院では、治療に使用するハンドピース(歯の切削器具)についても、一人一人の患者さま毎にハイレベルな滅菌処理を行ったものを使用しています。

ハンドピースの滅菌処理については、NSKナカニシの滅菌システム「iClave mini」を導入しております。隅々まで洗浄・滅菌されたハンドピースやミラーを使用することで、徹底した院内感染対策を行っております。ヨーロッパ基準の厳しい衛生管理の下、安全で安心していただける治療をご提供いたします。