矯正歯科

成人矯正

歯を正しい位置に移動させて歯並びをきれいに

成人矯正

近年、成人してから矯正治療を開始する方が増加しています。子供の頃からずっと気になっていた歯並びや、口元のコンプレックスを解消するために思い切って治療を受けている方が増加しているのだと思われます。

成人矯正は、ほぼすべての永久歯が生え揃った方が対象になります。
一般的には、11~14歳頃にすべての歯が永久歯に生え変わりますので、小学校高学年のお子様が矯正治療を受ける場合は、成人矯正を行うことになります。

矯正治療はワイヤー矯正やマウスピース矯正も可能です

近大人の矯正治療は、骨組織や歯周組織が完成されている状態で行うため、お子さまの矯正治療よりも痛みを伴う場合があります。

矯正期間中であっても、できるだけ快適に過ごしたいという患者さまのご要望にお応えするため、当院ではできる限り新しい治療法を取り入れ、それぞれの患者さまの症例に合った治療を、安定した技術で対応しますので安心してお任せください。

また、お仕事の都合で目立たない矯正装置をご希望される方でも矯正治療を行えるよう、透明なマウスピース型の矯正装置なども行っております。歯並びのことでお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

成人矯正のメリットとデメリット

大人の方で矯正治療を検討される方の多くは、「歯並びをきれいにしたい」ということが理由です。

しかし、成人矯正を行うことは、見た目を改善する以外にも多くのメリットがあります。

メリット
①口元に自信が持てる

歯並びをきれいに整えることで自信が持てるようになり、心理的なストレスから開放される。

②発音が改善できる

歯並びが原因で発音が上手くできない方がいらっしゃいます。発音が悪いと会話をしていても聞き取りにくく、お仕事の都合上困るという理由で矯正治療を受ける方もいらっしゃいます。

③口腔機能の改善

歯並びが悪いために、食べ物が上手く噛めないという方が意外に多くいらっしゃいます。

噛むことは、口腔機能の大切な役割の一つです。口腔機能を正常化することで、しっかりと噛んで食べることができるようになり、胃腸への負担も軽減することができます。

④歯の保存

歯並びが悪いとメンテナンスがしにくくなり、むし歯や歯周病にかかるリスクが高まるため、歯を失う可能性が高くなります。大切な歯を長期的に維持していく意味でも矯正治療は有効です。

デメリット
  • 担当医師の技術次第で治療期間や仕上がりに大きな差が出る
  • 子供と比較すると矯正装置に慣れるのに時間を要する
  • 仕事の都合に配慮すると矯正装置が制限される場合がある

見た目との調和

歯並びを整えるだけでは見た目との調和がとれない

きれいな歯並びになっただけでは、全体的な見た目の改善には繋がりません。

歯はお顔全体との調和がとれることできれいになります。当院が考える矯正治療は、顔貌との調和も考慮した治療です。

美しい口元の基準① スマイルライン

笑顔になると、上唇が上に上がります。

その際、歯茎がどれくらい露出するかは個人差がありますが、歯茎の露出は適度な方が美しいとされています。

美しい口元の基準② ガムライン

前歯の歯と歯茎がつくるラインを「ガムライン」といいます。

ガムラインが左右対称できれいな曲線になっていると見た目が美しくなります。

美しい口元の基準③ エステティックライン

横からお顔を見た時に、鼻先、唇、顎のラインが一直線上にあると横顔が美しいとされています。

矯正治療を行うことでいわゆる出っ歯や受け口を改善し、美しいエステティックラインに整えることで、バランスのとれたお顔になります。

美しい口元の基準④ 正中の一致

お顔は鼻を中心として左右対称になっています。

上の歯並びの中心、下の歯並びの中心、鼻の中心を一直線上に整えることで、お顔と歯のバランスが取れるようになります。

ブラケットワイヤー矯正

大人のブラケットワイヤー矯正

ブラケットワイヤー矯正

ブラケットワイヤー矯正とは、ブラケットという装置を歯に装着し、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を移動させていく矯正方法です。

お口を開けたり笑ったりした際に装置が見えてしまうため、患者さまとしっかりと相談をした上で、使用する矯正装置を選択します。

ブラケット

メタルブラケット

金属のブラケットは耐久性があり、他の矯正装置と比べると比較的安く治療を行うことができます。ただし、金属アレルギーの方や、目立つ装置に抵抗がある方には不向きです。

クリアブラケット

半透明の素材で出来ていて、日本人の歯と相性が良く、無理なく矯正治療を行えます。多くの患者様に選ばれている装置です。

セラミックブラケット

金属を使用しないため、金属アレルギーの方でも治療が可能です。天然歯のような自然な色で目立ちにくく、見た目もきれいです。飲食物で変色しにくいのも特徴です。

ワイヤー

ワイヤー

メタルワイヤー

金属のワイヤーを使用してブラケットを固定します。様々な症例に対応が可能で、価格もリーズナブルです。

ホワイトワイヤー

通常の銀色のワイヤーの表面を白くコーティングしたワイヤーです。歯の色と調和するため目立ちにくく、周りの方に矯正していることを気づかれたくない方におすすめです。

アンカースクリュー

アンカースクリュー

歯を移動させるためには、固定源が必要になります。従来はお口の中や外に固定源となる装置がありましたが、歯科用矯正アンカースクリューを使用した矯正治療の場合、アンカースクリューを顎骨に埋入して固定源として使用します。

これにより、従来の矯正治療では治療が難しかった歯の動きや、顎の骨を切除するなどの手術が必要な患者さまに対し、手術を行わずに矯正治療をすることが可能になり、治療期間の短縮や、非抜歯矯正の可能性を広げることが可能になりました。

アンカースクリューは患者さまの矯正治療の負担を軽減することができる治療法です。

アンカースクリューの特徴
①治療期間の短縮

動かしたい歯のみにアプローチできるため、他の動かす必要のない歯に余計な力をかけずに治療が行えるため、治療期間の短縮が可能です。

②成功率が高い

アンカースクリューを用いた場合、成功率は8割と言われています。歯科矯正用アンカースクリューが外れてしまうケースは2割程度ととても低く、万が一外れてしまった場合にはすぐに埋め直します。

③外科手術を行わずに治療が可能

他院で外科手術が必要と診断された場合でも、歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療なら、手術を行わずに矯正治療を行える場合があります。

④抜歯をせずに治療ができる

歯を支える顎の骨に歯科矯正用アンカースクリューを埋め込み、奥歯を少しずつ後ろに移動させることで前歯に歯を並べる隙間を確保します。そのため、抜歯をせずに矯正治療を行うことができます。

⑤必要以上に歯茎が見えてしまう方にも有効

笑った時に歯茎が見えすぎてしまう状態をガミースマイルと言います。

ガミースマイルの改善方法は、通常ですと外科的手術を行う必要がありますが、歯科治療用アンカースクリューを用いて治療を行えば、外科手術を行わずにガミースマイルを改善できる場合があります。

⑥治療痕が残らない

歯科矯正用アンカースクリューは、必要がなくなり次第すぐに除去します。治療後に治療痕が残ることもありませんのでご安心ください。

大人のマウスピース矯正

マウスピース矯正治療について

当院では新たにSureSmile(シュアスマイル)というマウスピース矯正をご用意致しました。

SureSmile(シュアスマイル)とは?


シュアスマイルとはデンツプライシロナ社が開発したマウスピース矯正です。日本ではまだ導入が少ないものの、1998年に世界初となる矯正用3Dスキャニングシステムを考案・製品展開しており歴史と実績がしっかりとあるマウスピース矯正です。

また、開発元のデンツプライシロナ社は世界最大級の歯科医療用製品及びテクノロジーメーカーとして130年にわたる歴史のある会社です。

【Dentsply Sirona Inc.会社概要】

本社     :アメリカ ノースカロライナ州シャーロット

海外事業本部 :オーストリア ザルツブルグ

従業員    :約15,000名

拠点数    :40カ国以上

上場証券取引所:NASDAQ

シュアスマイルは他のマウスピース矯正とどう違う?

☑優れた透明なマウスピースです
シュアスマイルは効果的な歯の移動を可能にする目立ちにくいEssix®という特殊な素材で作られています。また、当素材だからこそ様々な症例に幅広く対応できるといえます。

☑優れた治療計画を立てられます
シュアスマイル長年にわたりデジタルプランニングをしてきた歴史があるため、今までの実績に基づいた精度の高い治療計画を立てることが可能です。

☑事前に治療後のイメージを確認出来ます
患者様のお口の中を専用のスキャナーでスキャニングしたデータを元に3D画像でお見せ出来ます。
この際に、矯正後の歯並びがどのように変化するのかを確認することが出来ますので矯正治療をする前に
明確なイメージをもって治療をスタートさせることが出来ます。

シュアスマイルの費用

診断料

33,000円

費用

770,000円

調整料

5,500円

マウスピース矯正ローコスト

当院ではマウスピース型矯正装置として「インビザライン」と「マウスピース矯正ローコスト」を取り扱っております。
マウスピース矯正

患者さまの症状やご要望に応じて、マウスピース型の矯正歯科装置をお選びいただけますので、お気軽にご相談ください。

インビザライン、マウスピース矯正ローコストは透明なプラスチックでできたマウスピース型の矯正装置で、近くで見ても目立たないため、治療中であることに気づかれずに矯正治療を行うことができます。

インビザライン

マウスピース矯正 インビザラインについて

世界で400万人以上の実績があるマウスピース型矯正装置です
インビザライン

インビザラインは世界中で非常に多くの治療実績のあるマウスピース型矯正装置です。

従来のブラケットワイヤー矯正とは異なり、金属アレルギーの方でも利用が可能で、自分で取り外しが可能なため簡単にお手入れができ、常に清潔な状態で使用できます。

2週間ごとに新しいマウスピースと交換しながら、少しずつ歯を動かしていきます。オーダーメイドで一人一人の患者さまに合ったマウスピースをご提供します。

インビザラインの特徴
インビザラインのメリット

  • 装置が透明で目立たない
  • 自分で着脱が可能
  • 治療中の痛みが少ない
  • 金属アレルギーの方も安心
  • きれいな口元になることで性格も明るくなる
こんな方におすすめ

インビザライン

  • 目立たない装置で矯正治療を受けたい方
  • 通院が難しい方
  • 金属アレルギーの方
  • 食事をこれまで通りに楽しみたい方 など

インビザラインの注意点

インビザライン

インビザラインは、薬機法対象外の矯正装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合がありますが、装置に使用されている素材は、日本国内での認証を受けていますので、安心安全にご利用いただけます。インビザラインは、患者さまの歯列データを米国アライン社へ送り、海外の工場で作製された後に日本へ空輸され、各歯科医院へ送られてきます。

インビザラインも万能な矯正装置なわけではなく、注意すべき点もあります。インビザラインは、マウスピース矯正単独で治療が可能な症例がブラケットワイヤー矯正と比べて少ないという点と、装置を装着する時間をきちんと守らないと計画通りに歯が移動しないため治療の効果が薄れてしまうという点があります。

インビザラインのメリット

インビザラインのメリット

メリット①矯正治療中も思いっきり笑える
矯正治療中も思いっきり笑える

薄くて透明なマウスピースを使用した矯正治療のため、装着中も目立たず、口元が気になりません。

大勢の人が集まる中で生活しなければならない学生さんや、人前に立つお仕事をされている方でも気軽に矯正治療を始められます。写真を撮る際も口元を気にせず思いっきり笑顔になることができます。

メリット②通院回数が少ない
メリット②通院回数が少ない

マウスピース型矯正治療では、1回のご来院で1~3ヶ月分のマウスピースをお渡しします。

その後は、ご自宅でマウスピースを定期的に交換しながら矯正を行っていきます。そのため、通院回数が少なく、お仕事がお忙しくて通院が難しい方や、遠方にお住まいの方でも始めやすい矯正治療方法です。

当院では、県外からいらっしゃる患者さまもたくさんいらっしゃいます。

メリット③今まで通りに食事を楽しめる
今まで通りに食事を楽しめる

「矯正中は硬いものを噛まないように」「キャラメルやガムなどは控えるように」など、従来の矯正治療では食事への制限がありましたが、マウスピース型矯正治療では食事の際に装置を取り外すことができるため、これまで通りに食事を楽しむことができます。

メリット④お手入れが簡単
お手入れが簡単

ブラケットワイヤー矯正のように矯正装置を付けたままだと歯みがきがしにくく、みがき残しがむし歯や口臭の原因にもなります。

マウスピース型矯正治療の場合、歯みがきの際にはマウスピースを取り外すことができるため、これまで通りに歯みがきを行うことができ、装置に食べカスなどが残ることもありません。

また、マウスピースは取り外して洗えるため、いつでも清潔な状態で使用することができます。

メリット⑤金属アレルギーの方も安心
金属アレルギーの方も安心

ブラケットワイヤー矯正の場合、使用するワイヤーやブラケットによっては金属が含まれています。

そのため、金属アレルギーの方は皮膚炎、口内炎、アトピーの悪化などの懸念から矯正治療を行えないケースもありました。

しかし、マウスピース型矯正治療なら、素材がプラスチックのため金属アレルギーの心配がありません。

メリット⑥様々な症例やご希望に対応が可能
様々な症例やご希望に対応が可能

マウスピース型矯正治療は、患者さまのご希望や症例に幅広く対応が可能です。インビザライン・フルは最も多くの症例に対応が可能です。

まだ永久歯が生え揃っていない10代からのインビザライン・ティーンや、治療費を抑えたい方も始めやすいインビザライン・ライト、部分矯正を行いたい方のためのインビザライン・i7などがあります。

※インビザラインは薬機法対象外の矯正装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

デメリット

装着時間を守らないと効果が出ない

取り外しが可能な点はインビザラインのメリットですが、患者さまご自身がきちんと装着時間を守らなければ治療の効果が得られません。

症例によっては治療できない場合も

患者さまのお口の状態や歯並びによっては、インビザラインによる矯正治療を行えない場合があります。

インビザライン・ライト(部分矯正)

インビザラインライト

インビザラインライトは、前歯の軽いズレやすきっ歯など、14枚のマウスピース(治療期間約7ヶ月)で治療が完了するような比較的軽度の症例に適応される場合が多いです。

万が一マウスピースが合わなくなった場合には1回は再作製が可能な保証があるため、順調に14枚目まで進んだが最後に若干の調整が必要な場合や、再度の矯正治療継続が必要な場合はこの保証を利用することもできます。また、上下両方でも、上下のどちらかのみでも矯正治療を行うことが可能です。

しかし、基本的には14枚のマウスピースで歯並びが治る見通しがないとインビザライン・ライトを適用することは難しく、比較的軽度の場合の不正咬合でなければ治療は難しくなります。治療計画の変更が行えないことも、制約がかかるという意味ではデメリットになります。

そのため、途中で治療計画の変更をする必要のない、前歯などの部分的な矯正治療を行う際に向いている方法です。

このような方にインビザラインライン・ライトをおすすめします。
  • 前歯のすきっ歯を治したい
  • 前歯のデコボコやねじれ(曲がっている)が気になる、少しだけ歯が前に出っ張っているのを治したい
  • 前歯が少し重なっているのが気になる

など、これらの軽度のお悩みに適しているといえます。

ご自身ではほんの少し前歯の歯並びが悪いと思っている場合でも、奥歯や前歯の噛み合わせに問題がある場合、インビザラインライトの治療は難しい場合もありますので、適用できるかどうかは歯科医院での検査・診断の結果次第になります。

料金もインビザラインフルと比べるとかなり抑えられるため、気軽に矯正治療を行えます。

小児矯正

お子さまの笑顔を守るために

小児矯正

小児矯正は、大人になってから始める矯正治療と比べると、顎の骨の成長を利用した治療を行うことができます。

そのため、矯正治療のために抜歯をしなければならない等のリスクを減らすことができます。小児矯正では、お子さまのお口の状態によって治療の目的が違います。

治療を始める時期は一期治療と二期治療と分かれており、乳歯と永久歯が混在している時期を一期治療、全ての歯が永久歯に生え替わっている時期を二期治療といいます。

二期治療になると、本格的な矯正装置を使用した矯正治療になります。

一期治療と二期治療

一期治療(混合歯列期:6歳頃~)

乳歯と永久歯が混在している時期の矯正治療を一期治療といいます。

5、6歳~11歳頃のお顔や顎の成長が盛んな時期に、顎のバランスを整えたり、部分的に不正な位置にある歯を矯正によって治していきます。お子さまの状態によって様々な矯正方法がありますので、しっかりと診察を行った上で、どんな治療をしていくかを決定していきます。

二期治療(永久歯列期:12歳頃~)

永久歯がすべて生え揃った12歳頃からの矯正治療を二期治療といいます。

これ以上歯並びが悪くならないように、また大人になってから矯正治療を行うリスクを低減するためにも、二期治療で治しておく方が簡単な治療で済みます。主にブラケットやワイヤーなどの装置を使用して歯を動かしていく本格的な治療を行います。

お子さまの歯並びでこんな事が気になりませんか?

  • 上の前歯が出ている
  • 前歯が噛み合わない
  • 噛み合わせが深すぎる
  • 下の歯が前に出ている
  • 歯と歯の間に隙間があいている
  • 歯並びがデコボコしている
  • 部分的に噛み合わせが反対になっている

小児矯正を行うメリット

  • メリット① 永久歯を抜くリスクを軽減
  • メリット② 左右のお顔や顎のバランスが整う
  • メリット③ 外科治療のリスクを減少
  • メリット④ 治療後の仕上がりが向上
  • メリット⑤ 固定装置を装着する期間の短縮
  • メリット⑥ コンプレックスを解消

お子さま用のマウスピース矯正

お子さま用のマウスピース矯正とは

お子さま用のマウスピース矯正として当院ではT4K、プレオルソを取り扱っております。

【T4K、プレオルソとは?】
T4Kはオーストラリアで開発されたマウスピース型の口腔筋機能矯正装置です。プレオルソは日本の矯正専門歯科医師が開発したマウスピース式矯正装置の事です。この装置は装着することでお口の周りの筋肉や舌を鍛える事で正しい歯列へと導くための矯正装置です。

装着するメリット

■口呼吸が改善されるため筋機能が正常化して正しい歯並びへと誘導されます。
■シリコン製なので痛みが少ない矯正装置です。
■通常の矯正よりも安価です。
■取り外しが簡単なので洗うことが出来て衛生的です。
■通常の矯正と比べて装着時間が短く済みます。
■抜歯を避ける事が出来ます。

適正な年齢は何歳?

適正な対象年齢は5歳~9歳位です。5歳ほどで永久歯が生え始めてくる為、この年齢がもっとも適しております。

装着時間はどのくらい?

出来るだけ長く装着していただくとより効果が高くなりますが、基本的には日中1時間と就寝時に装着していただきます。

どんな効果があるの?

T4K、プレオルソを使用することで期待できる効果は下記になります。
■口呼吸の改善
■噛み合わせの改善
■出っ歯や受け口の改善
■歯並びの改善
■物の飲み込みや発音の改善

 

子供のブラケットワイヤー矯正

歯の表面にブラケットと呼ばれる装置を装着するブラケットワイヤー矯正は、お子さまの場合にはいきなり全ての歯に装置を付けるのではなく、まずは部分的に装置を装着して様子を見ます。

経過観察を経た後に、ブラケットワイヤー矯正を続けるか、他の治療に切り替えるかを相談します。審美性の高い目立ちにくい矯正装置や、比較的違和感少なく治療期間が短縮できる方法など、ご希望に合わせて使用する装置を決定します。

ブラケットの種類

メタルブラケット

金属でできたブラケットで、最も一般的な素材です。金属製のブラケットは丈夫なため、様々な不正咬合に対応が可能です。

クリアブラケット

透明な素材でできたブラケットです。色が透明なため歯の色とも調和しやすく、装置が目立ちにくいのが特徴です。日本製のため日本人の歯と相性が良く、矯正治療を無理なく行なえます。

セラミックブラケット

セラミックでできたブラケットです。時間が経っても変色がなく、金属を使用していないため金属アレルギーの方も安心して使用できます。

ワイヤーの種類

メタルワイヤー

ブラケットを固定するための金属製のワイヤーです。メタルワイヤーは、ホワイトワイヤーと比べると痛みが少なく歯の動きも早く、費用が抑えられるといった特徴があります。

ホワイトワイヤー

通常のメタルワイヤーの表面を白くコーティングした目立ちにくいワイヤーです。歯と調和しやすいため、矯正をしていることが気づかれにくいのが特徴です。

拡大床

お子さまに合わせた矯正装置

拡大床

拡大床とは、顎を拡大して永久歯が並ぶスペースをつくるための矯正装置です。
顎の成長を利用して正しい歯並びへと導くことができます。6~11歳頃のお子さまが対象です。

食事や歯みがきの際には取り外すことができるため、これまで通りの食事や歯みがきを行えます。

また、装着は寝ている時間がメインなので、学校に着けていく必要がなく、矯正治療中であることが気づかれません。

矯正医のご紹介

矯正医

矯正担当医:佐田 英理
【経歴】
日本大学歯学部卒業 
日本大学歯学部矯正科 入局
歯学博士号 取得
【所属】
日本矯正歯科学会
東京矯正歯科学会